オリゴ糖にはどんな種類があるの?

オリゴ糖の種類

オリゴ糖とは、虫歯の原因になりにくい甘味料として知られています。しかし最近では小腸で消化されにくい性質が発見され、エネルギーになりにくく、血糖値の上昇をゆるやかにするはたらきもあります。

 

オリゴ糖が腸内でビフィズス菌のエサとなることで、腸内環境を健康的に保つことができます。しかしその種類は決まっており、それが含まれている食品を選ばなくては期待した効果を得ることはできません。

 

オリゴ糖の種類にはガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖などがあります。この中のガラクトオリゴ糖と呼ばれるものがビフィズス菌を増やす効果があるといわれています。

 

そのため、ガラクトオリゴ糖をとることで便秘や下痢に対し一定の効果を得ることができるのです。ヨーグルトなどに含まれており、たんぱく質の消化や吸収を促進する働きがあることで、筋肉や骨の材料にもなります。

 

他の種類であればまた違った効果も期待できますが、まずは目的に合った種類を知ることが必要といえます。

 

オリゴ糖にはどんな種類があるの?関連ページ

オリゴ糖の摂取量
オリゴ糖の一日あたりの摂取量はだいたい15〜30グラムが適当なオリゴ糖の摂取量だといわれています。
腸を綺麗に
オリゴ糖は腸をきれいにして腸の働きを正常に導く作用があります。便秘の方はおススメです。
ダイエット
オリゴ糖をダイエットに利用することもできます。オリゴ糖は普通の砂糖にように摂取することで脂肪がつく可能性を著しく減らすことができるからです。
食材
オリゴ糖を含む食材についてですが、様々な種類が販売されているオリゴ糖を加えて作られた健康食品からだけではなく、オリゴ糖は自然界に存在する食材からも摂取できるものなのです。
血糖値の抑制
いくつかの実験では、オリゴ糖摂取が食後血糖値の低下に有意の役割をするという結果も発表されました。
カンジタ菌の抑制
オリゴ糖の効果の一つとして、カンジタ菌の抑制があげられます。 カンジタ菌とは、私たちの身体のいたるところに繁殖するわけですが、口腔、直腸、膣などの皮膚や粘膜に張り付きます。