オリゴ糖の摂取量

オリゴ糖は一日にどのくらいの摂取量が良いの

オリゴ糖は、整腸作用があることで知られており、便秘などに効果があります。オリゴ糖の一日にふさわしい摂取量についてですが、摂取する人の年齢や体調に応じて異なってきます。

 

一般的な成人の場合は、だいたい15〜30グラムが適当なオリゴ糖の摂取量だといわれています。便秘の症状が重症であるときは、この倍以上摂取するのが適当である場合もあります。

 

しかし、はじめてオリゴ糖を摂取する場合は、この半分くらいの摂取量で様子を見ることが妥当な対処法です。オリゴ糖は難消化性の成分ですから、多く摂取しすぎても腸内で消化しきれないことがあります。

 

人によってはそのまま便となり排出されるか、あるいは下痢の症状が出てしまうこともありますから、自分の体にあうかどうか、気を付ける必要があります。

 

オリゴ糖の摂取は、朝昼晩、いつ摂取しても問題はありません。また、ジュースなどの飲み物に入れても特に問題はなく、むしろ効果的な飲み方と言えるでしょう。

オリゴ糖の摂取量関連ページ

オリゴ糖 種類
オリゴ糖の種類について解説します。代表的なオリゴ糖の種類にはガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖などがあります。
腸を綺麗に
オリゴ糖は腸をきれいにして腸の働きを正常に導く作用があります。便秘の方はおススメです。
ダイエット
オリゴ糖をダイエットに利用することもできます。オリゴ糖は普通の砂糖にように摂取することで脂肪がつく可能性を著しく減らすことができるからです。
食材
オリゴ糖を含む食材についてですが、様々な種類が販売されているオリゴ糖を加えて作られた健康食品からだけではなく、オリゴ糖は自然界に存在する食材からも摂取できるものなのです。
血糖値の抑制
いくつかの実験では、オリゴ糖摂取が食後血糖値の低下に有意の役割をするという結果も発表されました。
カンジタ菌の抑制
オリゴ糖の効果の一つとして、カンジタ菌の抑制があげられます。 カンジタ菌とは、私たちの身体のいたるところに繁殖するわけですが、口腔、直腸、膣などの皮膚や粘膜に張り付きます。