オリゴ糖詳細

オリゴ糖の血糖値の抑制

健康ブームで食べ物に対しての関心が高まるようになり、特に最近のお菓子や飲料などに食品添加物の恐怖が広がって、添加物一つにも気を使った製品が続々と発売されています。

 

最近では、食品添加物である糖がオリゴ糖に置き換えられるようになりました。オリゴ糖は、砂糖のような甘さを出しながらも、カロリーは3分の1水準に過ぎず、少ないカロリーでダイエットに役立ち、血糖値が低く、糖尿病にも良いと言われています。

 

いくつかの実験では、オリゴ糖摂取が食後血糖値の低下に有意の役割をするという結果も発表されました。血糖値に影響を与えない素材であるのです。

 

オリゴ糖は、小腸で酵素によって分解されないため、インスリンを消費せず、体内に吸収されないため、血糖値の上昇も見られません。またオリゴ糖は、腸内発酵時に生成された有機酸が吸収されるときにも、血糖値の上昇は起きません。

 

このため、単糖がほとんど含まれていないオリゴ糖は、糖尿病患者が安心して使用できる糖質であります。

オリゴ糖の具体的な効果:血糖値の抑制関連ページ

オリゴ糖 種類
オリゴ糖の種類について解説します。代表的なオリゴ糖の種類にはガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖などがあります。
オリゴ糖の摂取量
オリゴ糖の一日あたりの摂取量はだいたい15〜30グラムが適当なオリゴ糖の摂取量だといわれています。
腸を綺麗に
オリゴ糖は腸をきれいにして腸の働きを正常に導く作用があります。便秘の方はおススメです。
ダイエット
オリゴ糖をダイエットに利用することもできます。オリゴ糖は普通の砂糖にように摂取することで脂肪がつく可能性を著しく減らすことができるからです。
食材
オリゴ糖を含む食材についてですが、様々な種類が販売されているオリゴ糖を加えて作られた健康食品からだけではなく、オリゴ糖は自然界に存在する食材からも摂取できるものなのです。
カンジタ菌の抑制
オリゴ糖の効果の一つとして、カンジタ菌の抑制があげられます。 カンジタ菌とは、私たちの身体のいたるところに繁殖するわけですが、口腔、直腸、膣などの皮膚や粘膜に張り付きます。