オリゴ糖で綺麗なカラダと肌を手に入れる!

オリゴ糖はどんな食材で取れるの?

オリゴ糖を含む食材についてですが、様々な種類が販売されているオリゴ糖を加えて作られた健康食品からだけではなく、オリゴ糖は自然界に存在する食材からも摂取できるものなのです。

 

オリゴ糖には製法がいくつか存在していて、その内の1つには植物に含まれている成分を抽出する製法もあるので、その成分を含む食材を摂取すればオリゴ糖を摂取できる事になります。オリゴ糖はブドウ糖や果糖などの単糖類が結合した小糖類と呼ばれる事もある糖類で、消化器官であまり分解や消化がされにくい物質なので大腸まで到達する事ができるのです。

 

その大腸には腸内の腐敗を抑えたり、大腸のぜん動運動を促進して便秘を改善したりするなどの働きがあるビフィズス菌と呼ばれる有用菌が存在します。オリゴ糖はこのビフィズス菌のエサとなるので、継続的に摂取する事でビフィズス菌を増やして腸内の健康にも効果が期待できます。

 

このオリゴ糖は野菜類では大豆やトウモロコシ、アスパラガスやニンニク、ゴボウや玉ねぎなどに多く含まれていて、他にはバナナや蜂蜜などにも含まれています。これらは日常の食事で摂取できるものなので、腸内の健康を保つためにも意識して摂取してみてはいかがですか。

オリゴ糖はどんな食材で取れるの?関連ページ

オリゴ糖 種類
オリゴ糖の種類について解説します。代表的なオリゴ糖の種類にはガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖などがあります。
オリゴ糖の摂取量
オリゴ糖の一日あたりの摂取量はだいたい15〜30グラムが適当なオリゴ糖の摂取量だといわれています。
腸を綺麗に
オリゴ糖は腸をきれいにして腸の働きを正常に導く作用があります。便秘の方はおススメです。
ダイエット
オリゴ糖をダイエットに利用することもできます。オリゴ糖は普通の砂糖にように摂取することで脂肪がつく可能性を著しく減らすことができるからです。
血糖値の抑制
いくつかの実験では、オリゴ糖摂取が食後血糖値の低下に有意の役割をするという結果も発表されました。
カンジタ菌の抑制
オリゴ糖の効果の一つとして、カンジタ菌の抑制があげられます。 カンジタ菌とは、私たちの身体のいたるところに繁殖するわけですが、口腔、直腸、膣などの皮膚や粘膜に張り付きます。