オリゴ糖詳細

オリゴ糖の効果

オリゴ糖とは、一般的にはブドウ糖や果糖などの単糖類が2〜10個こ程度結びついたものの総称ですが、明確な定義は有りません。二糖類のショ糖や乳糖、麦芽糖もオリゴ糖と呼ばれ、それらに酵素を作用させた物もオリゴ糖と呼んでいるのです。

 

では、オリゴ糖の具体的な効果としては、第一に腸内有用菌である善玉菌を活性化させます。オリゴ糖は消化されずに大腸まで届き、ビフィズス菌などの栄養源に成りますので、善玉菌を増殖させ腸の調子を整える整腸作用として働くのです。

 

悪玉菌が増えると腸の働きが悪くなり、便秘気味になります。そうすると体に毒素がたまりさまざまなトラブルを引き起こします。美容の的である肌荒れやニキビなどもこの便秘によって引き起こされる場合があるのです。

 

だからこそ、綺麗になりたい人はまず体の中を綺麗にしなければいけません。そこで活躍するのがオリゴ糖というわけです。このオリゴ糖の整腸作用が代表的な効果ですが、それに付随してさまざまな効果を発揮します。

 

たとえばその整腸作用により大腸がんの予防や、肝機能を高める事に繋がるのです。全ての人間の健康のバロメイターは腸の状態で決まりますから、オリゴ糖の整腸作用により免疫力も高まり、健康な状態へと変わって行くのです。

 

ただ、摂りすぎると便の状態が柔らかすぎる事も有ります。では、どういう食材に含まれるかと言いますと、はちみつ、バナナ、トウモロコシ、にんにく、ゴボウ、玉ねぎ、大豆などです。

 

さらに詳しくオリゴ糖について以下で解説しますので参考にしてください。


オリゴ糖の効果 詳細記事一覧

オリゴ糖とは、虫歯の原因になりにくい甘味料として知られています。しかし最近では小腸で消化されにくい性質が発見され、エネルギーになりにくく、血糖値の上昇をゆるやかにするはたらきもあります。オリゴ糖が腸内でビフィズス菌のエサとなることで、腸内環境を健康的に保つことができます。しかしその種類は決まっており、それが含まれている食品を選ばなくては期...
詳細を見る
オリゴ糖は、整腸作用があることで知られており、便秘などに効果があります。オリゴ糖の一日にふさわしい摂取量についてですが、摂取する人の年齢や体調に応じて異なってきます。一般的な成人の場合は、だいたい15〜30グラムが適当なオリゴ糖の摂取量だといわれています。便秘の症状が重症であるときは、この倍以上摂取するのが適当である場合もあります。しかし...
詳細を見る
オリゴ糖という言葉を耳にしたことがある人も多いかとは思いますが、いったいそれがどういったものなのかということまでは、知らない人も多いでしょう。まずオリゴ糖いうというのは、体にとってはいいものとされています。なぜオリゴ糖が体にいいのかというと、オリゴ糖は胃や小腸で吸収されることがありません。そして、吸収されずに大腸まで到達することができるも...
詳細を見る
オリゴ糖とは糖の一種で、口に入れることで一応甘く感じるものなので、食べることによって太るということも十分に考えられますが、実はダイエット効果があることで知られています。オリゴ糖がダイエットに適している理由としては、普通の砂糖にように摂取することで脂肪がつく可能性を著しく減らすことができるからです。またオリゴ糖は整腸作用もあるために、エネル...
詳細を見る
オリゴ糖を含む食材についてですが、様々な種類が販売されているオリゴ糖を加えて作られた健康食品からだけではなく、オリゴ糖は自然界に存在する食材からも摂取できるものなのです。オリゴ糖には製法がいくつか存在していて、その内の1つには植物に含まれている成分を抽出する製法もあるので、その成分を含む食材を摂取すればオリゴ糖を摂取できる事になります。オ...
詳細を見る
健康ブームで食べ物に対しての関心が高まるようになり、特に最近のお菓子や飲料などに食品添加物の恐怖が広がって、添加物一つにも気を使った製品が続々と発売されています。最近では、食品添加物である糖がオリゴ糖に置き換えられるようになりました。オリゴ糖は、砂糖のような甘さを出しながらも、カロリーは3分の1水準に過ぎず、少ないカロリーでダイエットに役...
詳細を見る
オリゴ糖の効果の一つとして、カンジタ菌の抑制があげられます。カンジタ菌とは、私たちの身体のいたるところに繁殖するわけですが、口腔、直腸、膣などの皮膚や粘膜に張り付きます。そして、カンジタ菌は、いろいろな症状の原因となります。頭痛、疲労感、消化不良、アレルギー、カンジタ膣炎、便秘などなど、きりがないほどです。では、なぜオリゴ糖にカンジタ菌を...
詳細を見る